事件2

ただいま恩方山間地の畑を我が物顔で荒らしているギャングの正体はサルだった!!

グッドファームの被害はかわいい方で、すでにトウモロコシ畑など全滅させられている

ところもあった。

なんということだ!

また、今年はなんかカラスが多いなと思っていたが、奴らは空から襲ってきた。

生きるためなのか遊び半分なのか、ミニトマトを次から次へと啄んでいるのだった。

今年は鳥獣被害がいつになく多い年のようだ。

食べ物がたくさんあるこの時期に敢えて人里を荒らすとはどういったことからなのか。

冬の食料地確保のための偵察行為によるものなのか・・・。

隣地で専業農家を営んでいる友人と事態について少し話をしてみたが、こちらも南瓜やトウモロコシに甚大な被害を被っているとのことだった。

役所に相談しても即日に現地視察に来るかと思われたが、なんと一週間後とのことだったらしい。

何たる遅さ!

しかも対策といっても罠を仕掛けるか電流線を張るといった対応策しかなく、補助金も申請に一か月もかかるとのことだった。

事件は現場で今起こっているのになんなのだろう、このレスポンスの悪さとは(本気度まるでなし)。

あまり親身になっているとも思えない対応のように感じた。

農業って大変!!